MENU

主婦がお金を借りられるか

主婦と言っても大きく分けて二通りがあります。自身には収入を持たない配偶者の安定収入で生活を送る専業主婦、家事を行いながらパートに出るなどして自身で安定した収入を得ている兼業主婦の方です。

 

キャッシングの利用、特にアコムを含む消費者金融の借り入れにおいては自身に収入を持つかで大きく変わり、専業主婦とパート主婦では利用が出来るところと出来ないところがハッキリと分かれます。正しく理解をしておかないと申し込みをしても無駄に終わりますので、よく確認をしておきましょう。

 

専業主婦は消費者金融では借りられない

自身には収入を持たない方は、現在では消費者金融でのキャッシング利用は出来ません。一応は貸金業法で「配偶者貸付」と呼ばれる制度が設けられており、配偶者の年収と合算して借りられるとはしていますが、実際にはほとんどの消費者金融で専業主婦の方の利用は認めていません。

 

配偶者貸付で制度として認められているとしても、貸すか貸さないかはあくまで各消費者金融の判断となり、今ではどの消費者金融も利用条件に「安定した収入を得ている方」としているので、専業主婦はお金が借りられなくなっています。

 

対して自身に収入を持つパート主婦の方なら、年収の3分の1を超えない金額までであれば申し込みも可能で、審査の結果次第ではお金が借りられるようになります。

 

専業主婦は絶対に借りられないのか

消費者金融では借りられない専業主婦の方でも、お金に困ってしまう場合もあります。貸してくれないとなると闇金融などの怪しいところに手を出すしかないのかと考えてしまうものですが、一部の銀行であれば専業主婦の借り入れも可能としているので安心です。

 

銀行は貸金業法の縛りを受けず、専業主婦に貸すかはそれぞれの金融機関の利用条件で決められます。銀行なら消費者金融よりも低金利で借りられ、配偶者の安定した収入があれば同意や配偶者側への確認も不要でカードローンキャッシングの利用が出来るため、困ったときには助かります。

 

多くで限度額や極度額が10万円~50万円の範囲内で制限がされますが、少額の利用であれば十分な金額と言えますので、専業主婦の方がお金を借りる場合には銀行を考えてみましょう。